実印は頻繁には使用しないが末永く使える物を作っておきたい!

日本のお土産に。印鑑

update list

2016年11月08日
実印として適切な印鑑とか何かを更新。
2016年11月08日
実印を作るときに気をつけることを更新。
2016年11月08日
実印の大切さと危険を更新。
2016年11月08日
印鑑の中でも一番重要になってくる実印を更新。

実印として適切な印鑑とか何か

実印とは苗字と名前の両方が彫られた普通より大きめの判子をイメージするのが一般的ですが、実は苗字だけの簡易的な判子でも実印となり得るのです。
実印とは市区町村に登録している印鑑のことであり、登録さえ出来てしまえば、100円の印鑑でも数万円の印鑑でも効力は同じです。ただ、登録できればというところで本人の名前だけで構成されている必要はあります。職業や芸名などでは登録は不可能です。その他素材や大きさも細かな規定があるので、自作の印鑑などで登録する際には事前に市区町村の役場に問合せた方が良いでしょう。
では、一般的なイメージとして最初に記したものが定着したのは何故でしょう。それは、実印を偽造されない為というのが一つの考えです。実印を使うケースとして挙げられるのは、家や車など大きな買い物をした時の書類に押す事があります。その時に他人が勝手に似た判子で押してしまっては、後々何を言われるか分かりません。その為にフルネームの印鑑や下の名前だけの印鑑で人に真似されにくいものが実印として適していると考えられています。また印鑑の材質も色々ありますが、適しているものとしては、長期間使用しても形状が変わらない物です。中にはある程度使っていると一部が欠けたり、傷が付いて正しく名前を読み取れなくなる場合があります。そうすると場合のよっては実印としての効力そのものがなくなってしまいますので注意が必要です。

recommended post

実印の大切さと危険

実印とは、自身が住民登録する市町村の役所や役場にハンコの申請登録をし受理された物の事をいいます。百均で買ったようなハンコでも登録してしまえば、それが実印となります。しかし、このような百均やホームセンターなどで安価で…

»readmore

実印を作るときに気をつけること

実印を印鑑登録する際にフルネームでなければいけないという規定はなく、苗字や名前だけでも登録することができます。そこで実印を作るときにフルネーム、苗字、名前のどれにすべきか悩むかもしれません。フルネームにするか苗字や…

»readmore

実印として適切な印鑑とか何か

実印とは苗字と名前の両方が彫られた普通より大きめの判子をイメージするのが一般的ですが、実は苗字だけの簡易的な判子でも実印となり得るのです。実印とは市区町村に登録している印鑑のことであり、登録さえ出来てしまえ…

»readmore

TOP